取引信用保険に加入しておくメリットを伝授

自転車の保険

自転車

自転車でも、歩行者との事故や自転車同士の事故で加害者となってしまう可能性があります。自転車事故による高額の賠償責任に備えるために、自転車保険の加入を検討してみるのもよいといえます。また、火災保険や自転車保険の特約として損害賠償特約をつけておくのもよいといえます。

詳しく見る

法人保険の決算対策

男性

逓増定期保険は一定期間経過後に保障が逓増するタイプの保険ですが、解約をしたら解約返戻金を受け取れ、退職支払いなどに充てる事が出来ます。この保険は支払った保険料を半分ないしは全部を損金として処理できる事から、節税商品として法人には選ばれています。

詳しく見る

保険相談はFPに

家族

保険への加入は、保険会社に直接相談するのではなくファイナンシャルプランナーに相談してから加入するのが主流になりつつあります。大分でファイナンシャルプランナーを探すなら、複数の保険会社の商品を取り扱う独立系FPに相談をします。

詳しく見る

余裕を持って勉強

レディ

社会保険労務士の資格は何年かかけて合格を目指すことが多いです。一年に一度しか試験もないので、資格の学校の講座などを受講する方も多いようですね。よく出題される問題などもわかるので、初めて合格を目指す方も勉強しやすいでしょう。

詳しく見る

講座で効率的に勉強

婦人

社会保険労務士はとても難しい資格を必要とするのでしっかりと勉強をする必要があります。また、資格を取るには講座を利用することで、効率的に勉強をすることができます。

詳しく見る

資格の必要性

カップルとスーツの人

社会保険労務士は社会保険等に関するスペシャリストで、その資格は国家資格となっています。雇用環境の多様化が進む昨今、その需要は高まる一方です。資格試験はかなりの難関で、受験対策講座に通うなどしてしっかり準備しましょう。

詳しく見る

通信講座で学ぶ

スーツの人

合格者の意見を聞いて微調整を行っているため、いつでも最新式の教材が使われている通信講座を使うことによって、学習しやすいのです。社会保険労務士になるためには、教材を適切に利用しスマートフォンを使って学習することも出来ます。

詳しく見る

保険を選ぼう

ファミリー

保険に加入をしている日本人は多いです。もしものときにご家族や自分に負担をかけないように対策をすることが必要です。保険には様々なプランがあります。保険相談をして最適なものを選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

体制を整えよう

女性

海外旅行保険の加入を検討している方は、当日に加入をしても良いです。インターネットや空港で加入手続きをとることが可能です。内容が心配という方は当日ではなく、前もって加入をするのも良いです。

詳しく見る

嬉しい対応

ミニカーを持つ人

大人の自動車保険などがあり、これらに加入をしていると事故の対応をしてもらうことが出来ます。交通事故を起こすと車をレッカーさせなければいけません。そういった対応も可能です。

詳しく見る

どういった特徴か

ゴルフ

近年はゴルファー保険という保険も出てきています。ゴルフ中に起きた事故の対応をしてくれます。特に初心者などのゴルフに慣れていない方は、加入をした方が良いと言われています。

詳しく見る

取引先の倒産に備える保険

カップルとスーツの人

未収の売掛金を補償

企業にとって、売掛金の回収はビジネスにおける最重要事項の1つです。債権が回収不能におちいれば、バランスシートに重大な影響を及ぼします。そこで、貸し倒れリスクに備える手段として活用されるのが、取引信用保険です。取引信用保険は損害保険の一種で、取引先の倒産や任意整理などによって売掛金が回収できなくなった場合に、こうむった損害のうちの一定額を補償する保険です。回収不能だけでなく、支払遅延に対して補償されるタイプもあります。取引信用保険は、保険会社ごとに補償内容が異なります。利用する際は、まず保険によってカバーされる範囲を詳しくチェックして、自社にとってもっとも有利な条件の商品を選ぶようにします。具体的には、取引先は国内に限定されるのか海外も含まれるのか、決済期間が最大何日までのものが補償対象になるのかといった点がチェックポイントとなります。さらに商品によっては保険を適用できる取引先の数に上限が設けられているケースもあるので、その点も注意が必要です。また、取引信用保険にはオーダーメードタイプと定型タイプの2種類があります。前者は保険会社が取引先ごとに独自の調査を行い、個別に補償限度額を設定します。一方、後者はあらかじめ数段階に設定された信用度合に応じて機械的に限度額を決めます。前者の場合は、保険会社の信用調査をそのまま取引先のランク付けに利用できるメリットがあります。一方、加入条件の広さでは後者がまさっています。きめ細かな対応と利用しやすさ、どちらに基準を置くかで選ぶべき商品が決まります。