取引信用保険に加入しておくメリットを伝授

保険を選ぼう

ファミリー

保険は、日本ではかなり普及しており生命保険など各種の保険に加入している世帯は約9割を超えるという調査の結果が出ています。これだけ多くの世帯や人が利用している保険ですので、当然その商品を設計や開発さらには販売している会社などたくさんの会社があり、その商品も多様にあります。 商品がたくさんあるということは、必然的に利用する人からすると仕組みやその商品の特色などを理解することに苦労することになります。そういった観点から保険相談という機会が増えてきています。また重複して保険されている箇所などがある場合には、その保険を解約することで月々の支払を減らすことができる可能性があります。したがって保険相談をする際には少なくともどの商品に加入しているかなどを把握することが必要となります。

保険には、たとえば事故や病気などの万が一に備えるという性質も持っていますが、その他にも税務の観点からも重宝されることがあります。特に最近では平成27年1月1日より相続税法が改正され、従来の相続税法と比べると、課税が重くなっていることもあり、相続税の対策のひとつとして保険が活用されることがあります。 これは保険金受取人が法定相続人である場合には、法定相続人1人当たりに対して5,000,000円の非課税枠が設けられているためです。したがって相続税の納付などの対策や節税の観点からも保険が利用されることがあります。こういった保険相談は、専門である税理士をはじめとして商品をよく知る保険相談ショップなどを利用して枠組みを作る必要があります。