取引信用保険に加入しておくメリットを伝授

法人保険の決算対策

男性

法人向けの生命保険は様々な商品があり、その法人のニーズに合った商品を提供する必要がありますが、ニーズの中で特に要望が強いのが決算対策、いわゆる節税です。保険は決算ぎりぎりでも加入できる上、体さえ元気であれば手軽に決算対策が取れます。決算対策の目的は節税が主ですが、節税目的で選ばれる商品としては逓増定期保険があります。この保険は一定期間経過後に保険金額が徐々に逓増していくタイプの保険です。この逓増定期保険は法人の事業拡大にともなって必要補償額が逓増していくニーズにこたえる商品ですが、保障が逓増する一定期間経過後が解約返戻金のピークとなる為、解約して様々な用途に解約金を活用する事が出来る保険です。この保険は各社が発売していますが、35歳までに45歳満了の逓増定期保険に加入をすると支払保険料はすべて経費処理、つまり全損扱いが可能です。また70歳以降が満了となるタイプでは支払保険料は半分が損金または3分の1が損金処理出来ますので、節税には十分効果があります。また解約時の返戻率は高く、その解約金を退職金や設備投資にあてる事も可能となっています。節税の商品は他にもありますが、この逓増定期保険は特に多くの法人に選ばれています。この逓増定期保険の解約のピークは各社違っている為、どのタイミングでやめるかを考え選択する事が出来ます。また保険料や解約返戻率も各社によって異なりますので、どの程度の保険料を払い続ける事が可能かどうかも考え、比較検討する事が重要です。