取引信用保険に加入しておくメリットを伝授

資格の必要性

カップルとスーツの人

労務管理のエキスパート

高度な専門的知識をもって個人や企業の活動をサポートする職業には弁護士や公認会計士などいくつかの種類がありますが、中でも近年注目される機会が多いのが社会保険労務士です。社会保険労務士は、社会保険や労働保険に係る各種書類の作成を代行したり、労務管理等に関する相談に応じたりすることを主たる業とする国家資格取得者です。 現在、雇用をめぐる環境は多様化・流動化の一途をたどっています。変形労働時間制や裁量労働制といった就労形態の多様化、派遣労働など非正規雇用の増加、外国人の雇用などさまざまな働き方が登場してきています。そのため、関係法令等を良く理解し、それらを正しく労働の現場に適用するよう気を付けていないと、思わぬトラブルを招くことになります。こうした場合に欠かせないのが、専門家たる社会保険労務士のサポートです。

受験対策講座で万全の準備

現在、その資格に対する需要の高さから社会保険労務士を目指す人の数は増加傾向にあります。毎年行われる国家試験の合格率も10パーセントを切ることが珍しくなく、かなりの難関となっています。そのため試験合格のためには専門講座を受講するなどしてしっかり準備をすることが重要です。 社会保険労務士の受験対策講座は、各地の専門学校等で開講されています。遠隔地に住んでいる等通学が困難な人のために通信講座を設けている学校もあります。受験対策講座では国家試験で出題される科目全般について学ぶことができます。具体的には、労働基準法・雇用保険法・健康保険法・厚生年金保険法といった職務に直結する法律のほか、職業安定法・育児介護休業法といった関係法令、社会保険に係る歴史など幅広い分野について学びます。